借地権の説明

借地権について解説します。まず借地権の意味ですが、これは建物の所有を目的とし、建物を建てるために土地を借りる権利のことをいいます。また借地権は、相続税、贈与税の課税対象になります。

借地権には、賃借権、地上権、使用借権の3種類があります。借地権は、借地借家法に基づいて規定されていますが、その法律は平成4年8月に改定されています。
旧借地借家法は、借り手側の権利に重きを置いていましたが、新借地借家法は、貸し手側の権利に重きを置いています。改正の大きなポイントは、賃借期間を限定したことにあります。旧法の場合、借地権の存続期間が過ぎてしまっていたり地代の滞納があっても、強制的に借地を取り戻せないなどのトラブルが起こってしまうので、賃借期間を明確にする意味で新法が制定されています。

ただし、新法が適用されるのは新法になってから契約した場合であり、新法前に既に契約済の借地権については、旧法が適用されます。新法における具体的な借地権の存続期間ですが、普通借地権の場合は30年、一般定期借地権の場合は50年以上となっています。

土地の貸し借りについては、法律で明確になっているとはいえトラブルが多いのが現状です。借りる側、貸す側の人間関係が最も大切ですので、その点を注意して貸し借りするようにしてください。専門の会社もあるので、トラブル時は相談してみるのもよいでしょうし、そのような会社は、土地の買取りをしてくれることもあります。

Copyright © 2014 借地権の概要 All Rights Reserved.